《遠い昔、深夜放送が好きだった人たちへ》間々田陽紀 小説の世界

★来季CL、本戦出場22クラブが決定しました・・・・・

2017-18シーズンのCLグループステージ出場22クラブが、以下のとおりとなりました。尚残り10クラブは予選とプレーオフを経て決定する予定です。

各国のチーム名を見ているだけで、もうわくわくして来ますね。もし香川選手が移籍すとしたら、モナコ(フランス)かな?やっぱりドルトムントに残って欲しいと思います。

▼スペイン
レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリード
▼ドイツ
バイエルン、ライプツィヒ、ドルトムント
▼イングランド
チェルシー、トッテナム、マンチェスター・C、マンチェスター・U(EL優勝)
▼イタリア
ユヴェントス、ローマ
▼ポルトガル
ベンフィカ、ポルト
▼フランス
モナコ、パリ・サンジェルマン
▼ロシア
スパルタク・モスクワ
▼ウクライナ
シャフタール
▼ベルギー
アンデルレヒト
▼オランダ
フェイエノールト
▼トルコ
ベシクタシュ
▼スイス
バーゼル


B1ECKR2m[1]
スポンサーサイト

★香川選手の喜びの姿です・・・・・

★ドルトムントの優勝パレードでの香川選手の写真が、本人の公式ツイッターにアップされていましのでご紹介します。本当に嬉しそうで良かったですね。

DA-mqgJV0AA4F5L[1]

DA-lcOLUIAApmQH[1]

DA-lcOcU0AA-QSy[1]

★F1モナコGPですが・・・・・

★昨夜のF1モナコGPですが、折角やっとマクラーレンホンダのバンドーンがポイント(10位以内に入る)を取れるとおもっていたのに、フォース・インディアのオコンの無理なインからの追い抜きのお陰でリタイアとなってしまいました。

フォース・インディアのオコンは他のドライバーにも、どこにも自分の進むべきラインがないところを突っ込んできてぶつけていました。レース後のドラバーズミーティングで誰かがオコンに注意すべきでしょう。

それにしてもスターティンググリッドにいたバトンのラジオにインディアナポリスにいるはずのアロンソからのラジオ無線が入るなんて、粋な演出でしたね。

それとF1のラジオ無線の担当者が変わったらしく、面白いやりとりを放送に流してくれているので、結構楽しめますね

《レース結果》
1 ↑1 S.ベッテル フェラーリ 1:44:44.340 1
2 ↓1 K.ライコネン フェラーリ +3.145 1
3 ↑2 D.リカルド レッドブル +3.745 1
4 ↓1 V.ボッタス メルセデスAMG +5.517 1
5 ↓1 M.フェルスタッペン レッドブル +6.199 2
6 →0 C.サインツ トロ・ロッソ +12.038 1
7 ↑6 L.ハミルトン メルセデスAMG +15.801 1
8 →0 R.グロージャン ハース +18.150 1
9 ↑5 F.マッサ ウィリアムズ +19.445 2
10 ↑1 K.マグヌッセン ハース +21.443 2
11 ↑5 J.パーマー ルノー +22.737 1
12 ↑3 E.オコン フォース・インディア +23.725 3
13 ↓6 S.ペレス フォース・インディア +39.089 3
- - L.ストロール ウィリアムズ ブレーキ 3
- - D.クビアト トロ・ロッソ アクシデント 1
- - S.バンドーン マクラーレン アクシデント 1
- - M.エリクソン ザウバー アクシデント 1
- - J.バトン マクラーレン アクシデント 2
- - P.ウェーレイン ザウバー アクシデント 1
- - N.ヒュルケンベルグ ルノー ギアボックス 0


fb_r[1]

★映画『カフェ・ソサエティ』を観てきました!

■TOHOシネマズ新宿<でspan style="color:#ff0000">映画『カフェ・ソサエティ 』を観てきました。(注:一部ネタバレの恐れがあります!)

★【お気にりのシーンなど・・・】

※正直、自分はよほどウディ・アレンとは相性が悪いと思いました。というのも《教授のおかしな妄想殺人~ブログで紹介した2015年の作品》もそうでしたが、今回の作品も何の感動も受けなかった作品となってしました。

※最終的に今回の作品も全編に流れているジャズのメロディだけが感性を少し刺激するだけで、後は何も残りませんでした。

※この映画は、敢えて区分けするなら《ロマンティック・コメディ映画》に属する作品らしいのですが、いかにも中途半端で恋愛映画でもなければコメディでもありません。

※安定した愛情を注げるパートナーがいるのに、別の異性に惹かれていく。所詮人間は想いを寄せる異性の前では、理不尽な振る舞いをするということを、思い切り笑い飛ばしてしまう。それならば分かるのですが・・・・。

※ボビーとヴォニーの2人が大勢の人ごみの中で、遠くを見つめている目で《夢をみているだけ~お互いの事を考えている》と語るセリフくらいしか、心に残ったセリフはありませんでした。

※1930年代のニューヨークやハリウッドが背景として描かれているのですが、これも実に中途半端でいかにスクリーンの中に当時の風景を再現しようかという試みすら感じることができませんでした。《映画ブルックリン》の方が、その辺はしっかりと創られていました。


【解説】ウッディ・アレン監督が1930年代ハリウッド黄金時代を背景に、きらびやかな社交界(カフェ・ソサエティ)に身を置くことになった青年の恋や人生を描いたロマンティックコメディ。

映画業界で働くことを夢見るニューヨーク生まれの青年ボビーは、業界の有力者である叔父フィルを頼ってハリウッドにやってくる。フィルの秘書を務める美女ヴォニーに心を奪われたボビーは、映画スターやセレブリティを相手に、フィルの下で働きながらヴォニーと親密になっていくが、彼女には思いがけない恋人の存在があった。

「ローマでアモーレ」でもアレン監督と組んだジェシー・アイゼンバーグが主演を務め、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、テレビドラマ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリー、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のスティーブ・カレルらが共演。アレン監督が自らナレーションを務める。女優陣が着こなすシャネルなどの華やかな衣装にも注目。


【あらすじ】もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。

時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功をめざす人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ"愛称ヴォニー"の美しさに心を奪われる。

ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいたことに……。


★おめでとう、佐藤琢磨選手・・・・・

忘れもしません。2012年のインディ500。最終ラップで2番手を走っていた佐藤琢磨選手(レイホール・レターマン・ラニガン/当時)は、ターン1で首位を行くダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ/当時)を抜こうとしてスピンしてしまいました。

あの時の悔しさがあったから、今日の優勝があったのでしょう。とにかくモータースポーツの歴史に、佐藤琢磨選手の名前は永久に刻まれることでしょう。おめでとう

※インディ500優勝の快挙。佐藤琢磨「みんなに感謝。本当に、本当に嬉しい」・・・・・佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)は第101回インディ500で優勝。日本人初の歴史的快挙を成し遂げた。

~出典:motorsport.com 日本版 5/29(月) 9:24配信~


social[2]



★珍しい香川選手の姿が・・・・・

DFBカップを手にしたドルトムントの選手たちのロッカールームでの姿が、ドルトムントの公式サイトにアップされました。

香川選手もボックスをドラム代わりに叩いたり、踊ったり、投げキスをしたりと大騒ぎの仲間に入って楽しんでいました。こんな姿を見ていると、来季もというよりずっとドルトムントに留まって欲しいと思いますね。


リクエストによる埋め込み無効 になっていのでブログに載せることはできませんが、ぜひドルトムントの公式ツイッターを見てください

DA7WZULXkAMeSn8[1]

★素敵な歌詞をどうぞ!(No.169)

★歌詞の創り手として大好きな、荒井由実さん、松本隆さん、中島みゆきさん、小田和正さん、竹内まりやさん、財津和夫さん6人の歌詞を紹介します。

そこで今日の【楽曲名:あなたがいれば/ 作詞:小田和正】のお気に入りのフレーズです!

まだ若いあの頃みたいに ときめく心はもうないけれど

幼い頃の日々のように ひとりの夜もあたたかい

どうしてこんなに やさしくきこえてくるの

あなたの好きな道をゆけば 私はそれで倖せ

★小田 和正(おだ かずまさ、1947年9月20日 - )は、日本のニューミュージックシンガー、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。元オフコースのリーダーでボーカル。

オフコース (OFF COURSE) は、1969年から1989年まで活動した日本の音楽グループ。「さよなら」や「Yes-No」などのヒットで知られ、1982年には、日本武道館に於いて連続10日間のコンサートを成功させた。楽曲は、リマスタリングされたりベストアルバムにまとめられるなど、2010年代に至るまで発売され続けている。

~出典:ウィキペディア~


Cr0TU2MVYAAZGvU[1]

★Heroes and Villains /The Beach Boys (№419)

★この楽曲を聴きながら、本日の連載小説をお楽しみ下さい。『スマイル』(SMiLE)は、アメリカのロック・バンド、ビーチ・ボーイズが1967年に発表する予定であった未完成アルバム、ならびにビーチ・ボーイズのリーダーであったブライアン・ウィルソンがそれを再構築し、2004年に発表したアルバムである。その2曲目に入っている楽曲です!

★英雄と悪漢 - Heroes and Villains(Brian Wilson/Van Dyke Parks)

元々本作はビーチ・ボーイズ名義で1967年に発表予定であったが、製作が中止されたことで長い間「ロック界で最も有名な未発表アルバム」と呼ばれるようになった。

その後2004年にヴァン・ダイク・パークスやワンダーミンツとの共同制作のもと、ブライアンのソロ・アルバムとして37年ぶりに発表された。

2011年11月、キャピトル・レコードがお蔵入りになっていたビーチ・ボーイズの1966〜1970年のオリジナル・セッションを再編集し、『The Smile Sessions』としてリリースした。

ブライアン版で追加された新たなメロディや歌詞は補われることなく欠落したままとなっているが、ディスク1のオリジナル・アルバム部分の曲順は、ほぼブライアン版に準じたものとなっている。

~出典:ウィキペディア~


『2度目のチャイルドフッドフレンド』(第2回目)1-2

そんなある意味長年続けてきていた宏太のバンド活動に色濃く閉塞感が漂ってきていたある日、宏太はどうにも苦手な父親から呼び出しを受けた。久し振りに父親の声を聞いた途端宏太は32歳になっていても、いまだに父親から小言を言われるかもしれないと思わず身構えてしまった。

『急ぎの用って、何?』
挨拶の言葉もなく、宏太は父親に用件から切り出した。宏太が自宅で経営している父親の自宅兼設計事務所に戻ってきたのは、それこそ数年ぶりだった。前回この家に戻ってきたのが何時ごろだったのか、思い出すことができないくらい遠い昔のように感じられていた。

『久し振りに再会したというのに、元気かという言葉もないのか?』
確かに父親の言う通りだった。だからこそ宏太は尚更父親が苦手だったのだ。
『父さんも母さんも元気そうじゃない』
自分でもびっくりするくらい感情の篭っていない言葉を口にした。

『お前はずっと離れているから、私や母さんが年老いてきていることが分からないのだろう』
そう言えば父親の隣にいつも座っているだけの母親の姿が、やけに小さく見えるように宏太には思えた。

『お前、バンド活動の方を、いつまで続けるつもりだ?』
こんな話が出てくると思ってはいたが、宏太は一気に自分の気持ちが落ち込んでいくのを感じていた。
『いつまでといっても、事務所との契約が続く限り・・・』
正直父親とこの話をするには、宏太は今最悪の時期にいると言えた。そのせいか宏太の言葉は途中で行く先を見失った。

『実は、お前は知らないかもしれないが、家の設計事務所の方だが・・・』
何やら父親の方も言いにくい内容の話を準備していたらしいが、思わず言葉が続かなかったようだった。
『そろそろ私も、この設計事務所を正式にお前にバトンタッチしたいと思ってね』

『俺にバトンタッチと言っても、俺は一度もこの設計事務所で働いたことがないよ。と言うかこの事務所ばかりでなく、そもそも設計事務所で働いたことなど一度もないよ』
『そんなことはお前に言われなくとも分かっている。だからこそこうして事前に、お前と相談したいと思っている』
今までにも何度か遠まわしにその話を言われたことはあったが、今回みたいにはっきりと話を切り出されたのは始めてだった。

『お前も分かっているとおり、この設計事務所は私一人でずっとやってきた。人を雇うほど仕事は、質的にも量的にも拡大することはなかった。何より色々な面で私は、リスクを冒してまで仕事をしてこなかった。そしていつの時も良いものづくりに徹していれば、必ず仕事は後からついてくるという信念だけで今までやってきた。

確かにそのお陰で今まで何とかやってくることができたが、随分とその間に私は仕事上の視野が狭くなってきたように思えてならない。更に最近は歳を重ね過ぎたせいか、どうにも付き合いもきつく感じてしまうようになってしまった。どやら、もうそろそろ限界のようだ』

そこまで一気に話し終えた時の父親の表情は、今まで宏太が一度も見たことのないとても寂しげだった。


386

387

388

★やった!佐藤琢磨がインディ500を・・・・・

今歴史を目撃することができました。何と佐藤琢磨選手がインディ500で優勝をしました。取り敢えず、今の感動を

social[3]

GAORAの解説:松田秀士、松浦孝亮 実況:村田晴郎、この3人が歴史的勝利を放送しました!

DA7AalZUQAAjqnt[1]

★このアコギのイントロを聴くだけで・・・・・

★このアコギのイントロを聴くだけで、男性のほとんどは妄想の世界に誘われていくでしょう。《Sixpence None The Richer - Kiss Me》 です。

シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー、もしくはシックスペンス・ナン・ザ・リッチャー (Sixpence None the Richer) はアメリカのロックバンド。テキサス州ニューブラウンフェルスで結成されたが、後にテネシー州ナッシュヴィルへ移動した。バンド名は、C・S・ルイスの著書Mere Christianityに由来している。

1999年にシングル「Kiss Me」をリリースして、一躍全米の脚光を浴びた。グラミー賞にノミネートされ、カナダやイギリスや日本やオーストラリアやイスラエルなど10カ国で放送回数第一位を記録(日本では「Kiss Me」の日本語版もリリースした)。

この曲は『シーズ・オール・ザット』などの映画や、『ドーソンズ・クリーク』『サタデー・ナイト・ライブ』などのテレビ番組にも登場し、シックスペンス・ノン・ザ・リッチャーの代表作となった。

~出典:ウィキペディア~


★《騎士団長殺し》ですが・・・・・第二弾!

《騎士団長殺し》一部の328ページ3行目に『お前が何処で何をしていたか俺にはちゃんと分かっているぞ、と白いスバル・フォレスターの男が言った』という一文が出てきます。

前後の文脈からしてここにこの一文が出てくるとは、誰も想像できないでしょう。村上作品が読者を思わずストーリーに引き込んでいく技を見せつけられたように思われました。正直この一文のここでの放り込み方の意外性には、驚かされました。ちょっと衝撃的ですらありますね


IMG_0074.jpg


★モナコGPの予選結果ですが・・・・・

タイヤのセッティングに苦しんだハミルトンが、何と黄旗に阻まれQ2落ちとなりました。こんなハミルトンの姿を見た記憶がありません。今回のメルセデスAMGの混乱ぶりはどうしたのでしょう?

追い抜きがほとんど不可能なモナコGPで折角良いタイムを出せたマクラーレンホンダでしたが、ペナルティでグリッドダウンとなるようです。いずれにしてもモナコGPではいつ何が起こるかわかりませんので、マクラーレンホンダには最後まで気を抜かずに頑張って欲しいと思います。

そう言えばマンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョの姿がありましたね。FAカップで優勝して、来季のCL参戦も決まったのでバカンスでしょうか・・・?

※[第6戦]モナコGP予選結果
1 K.ライコネン フェラーリ 1:12.178 8
2 S.ベッテル フェラーリ 1:12.221 8
3 V.ボッタス メルセデスAMG 1:12.223 10
4 M.フェルスタッペン レッドブル 1:12.496 7
5 D.リカルド レッドブル 1:12.998 6
6 C.サインツ トロ・ロッソ 1:13.162 10
7 S.ペレス フォース・インディア 1:13.329 8
8 R.グロージャン ハース 1:13.349 6
9 J.バトン マクラーレン 1:13.613 6
10 S.バンドーン マクラーレン --:-- 0
11 D.クビアト トロ・ロッソ Q2敗退 -
12 N.ヒュルケンベルグ ルノー Q2敗退 -
13 K.マグヌッセン ハース Q2敗退 -
14 L.ハミルトン メルセデスAMG Q2敗退 -
15 F.マッサ ウィリアムズ Q2敗退 -
16 E.オコン フォース・インディア Q1敗退 -
17 J.パーマー ルノー Q1敗退 -
18 L.ストロール ウィリアムズ Q1敗退 -
19 P.ウェーレイン ザウバー Q1敗退 -
20 M.エリクソン ザウバー Q1敗退 -


fb_r[1]

★おめでとう、ドルトムント・・・・・

試合前のセレモニーから表彰式まで、素敵な演出でした。その舞台の中に香川選手の姿が最初から最後までありました。恐らく守備的MFだったと思いますが、前半の相手のビッグチャンスを潰したスライディングはチームを危機から救いました

左から攻撃の出発点としても、ずっと効果的な仕事が出来ていたと思います。とにかくチームが優勝できたことが何よりです。それにしても試合後オーバメヤンを長い間2人で抱き合って話をしていたのが気になりますね。ひょっとして、お互いの?あるいはオーバメヤンだけの?新天地の活躍を誓い合っていたのかもしれませんね

更に香川選手と会長も抱き合いながら長く話していました。この辺の何を話していたのやら・・・?

香川、ドルトムントで4度目のタイトル獲得! DFBカップ5年ぶり4度目の優勝!!・・・・・5月27日(現地時間)、DFBカップ決勝が行なわれ、ドルトムントが5年ぶり4度目の優勝を果たした。

DFBカップでは5年ぶり、全タイトルでは3年ぶり(14年のドイツ・スーパーカップ以来)の優勝に、試合後の選手、スタッフは大いにはしゃぎ、喜びを爆発させた。
 
歓喜の輪のなかには、当然ながら香川の姿もあった。彼にとっては、ドルトムントでの4度目のタイトル獲得だ。今シーズン、ベンチに座り続ける苦しい時期もあったが、終盤戦で復調し、常に相手に脅威を与える存在としてハイパフォーマンスを維持した彼は、笑顔でシーズンを締めることができた。

~出典:SOCCER DIGEST Web 5/28(日) 6:11配信~


DA3NFo2XsAAsXp7[1]

DA30IorUIAEUXNN[1]

DA3yjO2VYAAhgDi[1]

★素敵な歌詞をどうぞ!(No.168)

★歌詞の創り手として大好きな、荒井由実さん、松本隆さん、中島みゆきさん、小田和正さん、竹内まりやさん、財津和夫さんの6人の歌詞を紹介します。

そこで今日の【楽曲名:Winter Lovers/ 作詞:竹内まりや】のお気に入りのフレーズです!

逢いたい気持ち 押さえられずに

あなたのもとへ 駆けてゆくの

冷たい頬に 触れたその手の

温もりに 心まで溶けてく

★竹内 まりや(たけうち まりや、1955年3月20日 - )は、日本のシンガーソングライター、ミュージシャン。自称「シンガーソング専業主婦」。高等学校在学中に、AFS交換留学制度によりアメリカ・イリノイ州のロックフォールズ・タウンシップ・ハイスクールに留学。

高校卒業後は慶應義塾大学文学部の英文学科へ進学。在学中に音楽サークル「リアル・マッコイズ」に所属。リーダーは杉真理だった。このサークルで竹内は鈴木慶一の従妹らとともにバックコーラスを担当。

「リアル・マッコイズ」はその後発展的に「ピープル」と名称を変え、第8回ポプコン関東・甲信越大会(1974年9月7日中野サンプラザ)に「踊りに行こう」という曲で参加しているが、同大会には別グループとして佐野元春(バックレイン元春セクション)、庄野真代、桐ヶ谷仁(フェードイン、後に松任谷正隆の経営する音楽学校講師を務める)も参加していた。

~出典:ウィキペディア~


161[1]

★Our Prayer/The Beach Boys (№418)

★この楽曲を聴きながら、本日の連載小説をお楽しみ下さい。『スマイル』(SMiLE)は、アメリカのロック・バンド、ビーチ・ボーイズが1967年に発表する予定であった未完成アルバム、ならびにビーチ・ボーイズのリーダーであったブライアン・ウィルソンがそれを再構築し、2004年に発表したアルバムである。その1曲目に入っている楽曲です!

★アワ・プレイヤー/ジー - Our Prayer/Gee(Brian Wilson)

元々本作はビーチ・ボーイズ名義で1967年に発表予定であったが、製作が中止されたことで長い間「ロック界で最も有名な未発表アルバム」と呼ばれるようになった。

その後2004年にヴァン・ダイク・パークスやワンダーミンツとの共同制作のもと、ブライアンのソロ・アルバムとして37年ぶりに発表された。

2011年11月、キャピトル・レコードがお蔵入りになっていたビーチ・ボーイズの1966〜1970年のオリジナル・セッションを再編集し、『The Smile Sessions』としてリリースした。

ブライアン版で追加された新たなメロディや歌詞は補われることなく欠落したままとなっているが、ディスク1のオリジナル・アルバム部分の曲順は、ほぼブライアン版に準じたものとなっている。

~出典:ウィキペディア~


『2度目のチャイルドフッドフレンド』(第1回目)1-1

(1)幼なじみの2人は、今?

 宏太は来月の予定をスマホで確認した。来月も小さなライブハウスでの演奏以外、これといったスケジュールは入っていなかった。こんな状況が5年近く続いていた。練習も含めて本番の演奏活動がない日は、体力増強ということもあって、宏太は引越し業者のところでアルバイトをしていた。腰にそれなりに負担が掛かったが、両腕はギターを持つには十分過ぎるくらい太くなっていた。

 宏太は32歳になったばかりだった。大学は実家が建築事務所をしていることもあって、建築学科へ進学していた。ところが大学で軽音楽部に入りバンド活動を始めたのが切っ掛けで、宏太はバンド活動に熱中していった。それこそ32歳の今まで続けているバンドは、宏太が大学時代に組んだバンドだった。

 もっともバンド名は変わっていなかったが、元々の大学時代のバンドメンバーは誰ひとりも残っていなかった。大学を卒業するときにオリジナルメンバーは、宏太を除いて3人全員が一般企業に就職していった。後から参加してくれたメンバーもなかなか定着せずに、宏太のバンドは激しくメンバーが入れ替わってきていた。

 大学時代に一瞬スポットライトを浴びた時があったが、その後はこれと言った目立った音楽活動とは無縁の状態が続いていた。一部の当時からのコアなファンたちが、相変わらず宏太のバンドをフォローしてくれていたが、それもジリ貧になりつつあった。そんな状況になってから、もう5年が経とうとしていたのだった。

 何とかバンド活動が続いていたのは、毎年今の事務所と契約が更新できていたからだった。恐らく事務所が契約更新をしないと言った時点で、宏太のバンドのメンバーたちはすぐにバンドを脱退するだろう。今でさえ宏太以外のバンドメンバーたちは個人的な繋がりをたどって、音楽教室で其々が担当している楽器の講師をしていた。

 勿論宏太にしてみればバント仲間との練習や音創りにもっと時間を掛けたいと思っていたのだが、メンバーたちの個人的な事情によってなかなかそんな時間を取ることができなかった。事務所からは宏太に対して、最近厳しい注文が相次いでいた。その中で事務所に顔を見せるたびに言われていたのが、もっと積極的に色々なところにコネクションを作っていくということだった。

 事務所がバックでサポートしてあげられることはもう限られているので、宏太が個人的な繋がりを利用して活動範囲を拡げていくことを宏太は事務所から求められていた。他のメンバーたちは事務所の言うとおりに個人的なコネクション作りに熱心だったが、宏太は音楽活動以外には基本的に不熱心だった。

 今のバンドメンバーたちは、3人が別々の箱バンの契約をいつもしていた。同じクラブやレストランなどの箱バンにしてくれていたら、宏太のバンドの練習等にも時間を合わせやすかった。ところが3人がバラバラの期間と時間の契約をしてきていたので、宏太を含めた4人が全員集合できる時間を確保するのが難しかった。

 32歳の宏太のバントメンバー3名もみんな宏太と同じ30代だった。彼らはバンド活動以外に、積極的に自分たちが表に出ずに裏方の仕事ばかりに専念していた。そして事務所からは宏太がバンドの楽曲の作詞・作曲をすべて担当していたので、他の連中と同様に企業の社歌とかCMミュージックなどの制作をしてみることを真剣に考えるように言われていた。

 今の宏太にはそんな事務所からの注文の全てが、ひどく疎ましく感じられていた。いっそのこと事務所から独立しようかとも考えたが、それこそ個人的なコネクションが全くなかった宏太には有り得ない選択だった。音楽事務所所属という素性も消えてしまうのなら、今のバンドメンバーたちは誰ひとりバンドに残るとは言わないだろう。


383

384

385

★今夜の大事な試合を前にして・・・・・

★最終戦を前に、来季を心配にさせるニュースが飛び込んできました。以前から出ていましたが、オーバメヤンの移籍がこの夏になりそうなのです。更に昨年のフンメルスに続き、DFの柱であるソクラティスまでも移籍を考えているのには驚かされました

いずれにしてもまさかバイエルンへの移籍ということはないでしょうが?いずれにしてもFWとDFのチームの柱が2人とも移籍なんてことにならないことを祈っています

※ドルトムント退団が濃厚となったオーバメヤン。約100億円でのビッグディールの問題はその行き先となりそうだ。・・・・・ドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンは退団を希望し、新たなクラブへの移籍を求めているようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

シーズンオフになるたびに、移籍がうわさされるオーバメヤンの去就についに動きがありそうだ。かねてより、「レアル・マドリーへの移籍が夢」と語ってきた快足FWは、すでにドルトムントに対して退団の許可を得ており、移籍することはほぼ確実となった。

ドルトムントのDFソクラティスが退団を示唆。タイトル獲得を狙えるチームへの移籍をほのめかしている・・・・・DFBポカール決勝戦を残すため、タイトル獲得の可能性を残しているが、ソクラティスはドルトムントでキャリアを続けることに否定的な見方を示している。

「僕は33、4歳までプレーするつもりだ。でもここか、他のどこかでやるかはまだわからない。シーズンが終わった後に、将来について考える時間は十分にある」

「若かったら、何かをやるために残された時間は多い。でもそうじゃない。若くないし、本当にタイトルが欲しいんだ。新シーズンについて話すには早すぎる。夏には何だって起こりうる。選手が来たり、出ていったりね」

~出典:GOAL2017/05/26 11:19:01~


DAlIw9rXkAEsci1[1]




★《騎士団長殺し》ですが・・・・・

★昨日のブログの中で村上春樹さんの《騎士団長殺し》についてふれましたので、思うところを少しだけ書き足したいと思います

※《騎士団長殺し》一部の303ページ8行目に『ところで夕食にミイラは招かないのですか?』という文が出てきます。恐らく、この1行をど何時ごろ書き込むか、第一部の最大の山場だった思います。

この1行以後、物語における現実と非現実とのコラボレーションが見事に展開していきます。正に《ようこそ、村上春樹の世界へ》ということになります

※それにしても村上春樹さんは、どの作品でも登場人物がどんな服装をして、どんな車に乗って、どんな食事をして、どんな音楽を聴いてとか、とにかくこのようなところを実に丁寧に書き込んでいます

この辺の拘りが時として過剰なような気がしていた時もありましたが、恐らく登場人物のその辺の拘りを書き込むことによって、より具体的に登場人物をイメージしてもらおうと考えているのでしょう

だから服装、車、食事、音楽などについて、読者の側に作品の中で出てくる具体的な服装や車や食事や音楽などについての知識が豊富な方が、より村上作品を深く味わうことができると思います。

《騎士団長殺し》の中でも例えば車についても、主人公のプジョー205、免色 のV8エンジンのジャガー、他にミニなど、様々な車種が出てきます。単に《車》で片付けないで、具体的な車名を書くことによって《その車を好む登場人物のイメージを膨らませてもらう》そこが村上さんの読者への優しさでしょう。

正直女性の服装についても、例えばワンピースとか素材が何で何色でとか細かく表現されていますが、《そんな服装を好む女性はどういうタイプなのか?》そこが分かるともっと登場人物を具体的にイメージできるのでしょうが・・・?

それは食事についても音楽についても同じだと思います。だからその辺の拘りの意味するところを十分に承知している読者はより村上作品に出てくる登場人物につていリアリティをもって読み進むことが出来ると思います。

残念ながら、個人的には車と音楽くらいしかついていけません。服装とか食事とかについては、それぞれの好みがどんな人物をイメージして書き込んでいるのか今一つ読み取ることができません

まあそれの知識が不十分でも、村上作品は十分に楽しめますがね。


IMG_0073.jpg

★いよいよ今夜はDFBポカール決勝戦です・・・・

★今夜はいよいよ16/17シーズン最後の公式戦DFBポカールのフランクフルトとの決勝です。どうやらベルリンのベルリン・オリンピアシュタディオンのピッチに香川選手の姿が見られそうです。

ドルトムントの公式ツイッターに先発予想メンバーが載っていました。勿論香川選手の名前もありました。今シーズン最後の試合ですので香川選手の活躍を期待したいと思います。


DAwhjBGWsAA9r_S[1]

★明日より『2度目のチャイルドフッドフレンド』を公開します!

★明日より『2度目のチャイルドフッドフレンド』を公開します。92作品目の短編小説です。お楽しみ下さい!

【92】2度目のチャイルドフッドフレンド(原稿用紙100枚)

 ミュージシャンとして全てにおいて閉塞感の中にあった32歳の宏太は、ある日父親から呼び出しを受ける。いつまでミュージシャンをやっているつもりか、田舎の祖父母の世話をしたいので家を宏太に譲るつもりだが会計事務所を継ぐかどうか宏太は父親からその場で結論を求められた。

宏太は設計事務所は継がないことを両親に伝えに行くが、実家に行くその前に大学を出て10年ぶりに隣のカフェに寄った。その場で市役所に勤務しているはずだった幼なじみの夏海と再会した。

宏太は父親が他界して母親も倒れたので夏海がカフェを継いでいることを知る。両親の事情で市役所を辞めてまで小さなカフェなど継いでいる夏海の気持ちが宏太は理解できなかった。

ある日宏太がバイク事故を引き起こし入院した。宏太の両親は田舎の両親の面倒を看ていたので入院している宏太を、何と夏海が介抱してくれた。

左手を損傷した宏太は怪我でバンド活動が出来なくなる。元通り指が動くか保証はなかった宏太は、バンド解散を事務所から告げられる。メンバーたちは事務所の裏方の仕事に変わることを受け入れたが、宏太はその申し出を断り事務所を去ることに決めた。

以前から体調を崩していた夏海の母親が死ぬ。独りきりになった夏海のことが気になる宏太だった。

宏太は夏海が一人ぼっちになってしまったことで自分が家に戻ることを決意する。夏海のためだけの人生も悪くないと考えるが、同情を嫌がる夏海の存在と、やることが見つからないから取り敢えず逃げ込んでくる宏太の姿を受け入れない夏海、2人の気持ちはすれ違う。

夏海は父親が遺してくれたレコードに魅せられていたので中古レコードショップを始めることを考える。そのためにカフェを売却して街を出ていく夏海。

突然姿を消した夏海と連絡がとれなくなって尚更宏太は夏海への想いを募らせる。両親は田舎にに帰り、家だけを宏太に残した。

果たして宏太が夏海に会いたい一心でとった行動とは・・・・・?

更に2度目のチャイルドフッドフレンドを前にして、宏太と夏海がとって行動とは・・・・・?


小説の中で2人が始めた中古レコードショップ名の切っ掛けとなったキャロルキングのアルバム《つづれおり》からの《きみの友だち》です


★素敵な歌詞をどうぞ!(No.167)

★歌詞の創り手として大好きな、荒井由実さん、松本隆さん、中島みゆきさん、小田和正さん、竹内まりやさん、財津和夫さん6人の歌詞を紹介します。

そこで今日の【楽曲名:肩に降る雨/ 作詞:中島みゆき】のお気に入りのフレーズです!

肩に降る雨の冷たさも 気づかぬまま歩き続けた

肩に降る雨の冷たさに まだ生きてた自分を見つけた

あの人なしでは1秒でも 生きてはゆけいないと思ってた

あの人がくれた冷たさは 薬の白さよりなお寒い

★中島 みゆき (なかじま みゆき、本名:中島 美雪(読み同じ)、1952年2月23日 - ) は、北海道札幌市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューした。

オリコンにおいて、4つの年代にわたってシングルチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティストであり、他のアーティストへの提供曲が、5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得している。

また、自身の歌唱も含めると、作詞・作曲を手掛けた作品が5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得したことになる。

~出典:ウィキペディア~


20161212170609064[1]

★Forever /The Beach Boys (№417)

★この楽曲を聴きながら、本日の連載小説をお楽しみ下さい。『サマー・イン・パラダイス』 (Summer in Paradise) は、1992年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズのアルバム。その12曲目に入っている楽曲です!

★フォーエヴァー - Forever (Dennis Wilson/Gregg Jakobson) 3:05
自身のブラザー・レコードから配給されたが、本作は多くの評論家から酷評され、『オール・ミュージック・ガイド』は「自身の無意味なパロディ」として評した。

本作はブライアン・ウィルソンが全く関与しなかった唯一のスタジオ録音アルバムである。ブライアンはユージン・ランディの元で治療中であり、セッション参加が見込めなかったため、マイク・ラヴとプロデューサーのテリー・メルチャーがイニシアチブを取って製作された。

1993年にはイギリスで「サマー・イン・パラダイス」「アイランド・フィーバー」「渚のボードウォーク」「フォーエヴァー」の4曲をリミックスした上で再発したが、その低評価は変わらなかった。

~出典:ウィキペディア~


『レモンの木の下で』(最終回)

そして最後に保奈美がもう修平と一緒に同じ風景を見たくないと考えたからなのだろうかと、その結論を修平は保奈美が残してくれた手紙の中から読み取ろうとした。だがこの結論もどうしても、修平は手にすることは出来なかった。

それまでずっと保奈美の気持ちに寄り添って考え続けてきていた修平だったが、ようやく修平自身の想いの丈と向き合うこととした。修平の保奈美に対する想いを見極めることは、当たり前だが簡単なことだった。決して無理にそう思い込もうなどとする必要性など何処にもなかった修平は、保奈美のことがとても大切な女性(ひと)だと思い続けていた。

勿論今までにこれほど切ない想いでいつの時もずっと見つめ続けた女性(ひと)など保奈美以外にはいなかった。そして明らかにそんな想いを寄せている保奈美に会えなくなった現実を前にしても、修平は保奈美への想いは尚更募ることはあっても薄れていくことなど全くなかった。

修平は保奈美が自分の進むべき道筋を見失っていた時に出会ったことに拘ったことを、ようやく理解した。何かから逃げ出している時でなく、しっかりと何でもいいから目標に向かって歩んでいる修平と保奈美は向き合いたかったのだ。それは修平が負の連鎖の真只中にいる時に保奈美に求めるものが、本当に修平のためになるものなか保奈美には自信がなかったのだ。

だがそれは保奈美の考え過ぎだった。少なくとも修平にはそう思えた。何故なら最初に修平の気持ちの中にあったのは、家と研修室の実験現場しか知らない生き様に対する疑念であった。本当にこんな限られた世界だけに閉じこもっていていいのだろうか、一度立ち止まって考える時間が欲しかったのだ。

そんな時に修平はレモンの木の下で、高校を中退して姿を消した保奈美と再会することができた。そして修平は高校時代と変わらずに今でも絵を描き続けている保奈美の好きなことへの拘りに、大きな刺激を受けたのだった。言い方を変えれば保奈美が存在していようとしていまいと、修平が立ち止まったことは変わらなかったはずだった。

今修平は、日々会いたい人に会えない辛さの中に留まっていて身動きがとれなくなっている。でも冷静に修平が保奈美に会えない理由を考えてみると、そこには保奈美の修平に対する否定的な感情は読み取れなかった。保奈美にとことん嫌われて避けられている訳ではないということだった。

ただ会えない理由が、修平にとっては耐えられない内容だった。嫌われて疎遠になって会えないのであれば諦めればいい、或いは遠距離で会えないのであればそれを克服出来る術を考えればいい、ところが修平の前から突然保奈美は姿を消してしまったのだ。居場所が分からないので、修平の方から連絡をとりようがなかった。

そして修平はようやく一つの出口に辿りつくことができた。修平は休学期間の残りの時間の全てを、今一度保奈美と再会することに掛けることにしたのだった。それというのは研究室で実験ばかりに集中していた時には手にすることができなかった専門書以外の本を手にして好きな音楽を聞きながら、レモンの木の下で1日中保奈美が再び偶然あの場所に戻ってくることを待ち続けるということだった。

こんな修平の姿を保奈美は一体どう受け止めるだろうか、正直修平には判断がつきかねていた。相変わらず自分の本当にやりたいことを見つけることが出来ていないことに、保奈美は修平に幻滅するだろうか、考えれば考えるほど修平は自分の行動に自信がもてなくなってくるような気がした。

だが今日も修平は片手に図書館で借りてきたばかりの本を手にして、レモンの木のある公園に向かった。今日も保奈美に会えない日を重ねるだけなのに、修平は真っ直ぐにレモンの木を目指した。遠い先に見えてきたレモンの木の下に、小柄な女性が立っている姿が見えた。修平は小走りにその場所まで駆けつけたが、その場に人の気配は無かった。ついに保奈美の幻影まで見るようになってしまった自分に、修平は思わず苦笑いした。

              了


380

381

382

★大好きなルーニーが・・・・・

★やはりウェイン・ルーニーはマンチェスターユナイテッドのユニフォームが似合いますライアンギグスの後はルーニーが監督して挑戦してもらいたいと思っています。個人的には絶対に残留することを願っています

移籍か残留か…去就決断が迫るマンUルーニー「ほとんど決めている」・・・・・マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、自身の去就について「ほとんど」決断に至っていることを明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』や『BBC』が25日に報じた。

「もちろんプレーしたいし、ピッチにいたいよ」と語るルーニー。「若い頃の自分ならもっとイライラしていただろうね。でも今はクラブにとって何が正しく、何が必要かを理解しているし、それを尊重している。

もちろん、EL優勝の一員になれて嬉しいし、どんな形でもクラブのトロフィー獲得に貢献できたのは嬉しい。それが昨シーズンやこの18カ月でのやり方だった。それを続けていくか、それともレギュラーとしてプレーできる場所に行くか、その決断を下さなければいけない」と話した。

~出典:SOCCER KING 5/26(金) 6:11配信~


C_k1fvRW0AALLlW[1]

★今週末は絵になるモナコGPですが・・・・・

今週末のF1は風光明媚なモナコの市街地コースを走り抜けるモナコGPです。マクラーレンホンダはアロンソがインディ500に行っているのでバトンがドライブします。

モナコは追い越しが不可能に近いコースなので、予選ですべてが決まります。マクラーレンホンダのスターティンググリッドが一つでも前になることを期待しています。

今年は色々な意味でリフレッシュ(昨年道端ジェシカさんと離婚など)したいということでホンダを離れましたが、今回の話でまた来年ホンダに戻って来る?なんて話も出ています。BARホンダで佐藤琢磨君と一緒に走ってからずっと昨年までホンダドライバーだったので、カンバックは大歓迎です。


※ 【タイム結果】F1第6戦モナコGP フリー走行2回目

1  S.ベッテル フェラーリ 1:12.720 38
2  D.リカルド レッドブル 1:13.207 35
3  K.ライコネン フェラーリ 1:13.283 46
4  D.クビアト トロ・ロッソ 1:13.331 41
5  C.サインツ トロ・ロッソ 1:13.400 43
6  M.フェルスタッペン レッドブル 1:13.486 36
7  S.ペレス フォース・インディア 1:13.799 45
8  L.ハミルトン メルセデスAMG 1:13.873 31
9  K.マグヌッセン ハース 1:13.890 46
10  V.ボッタス メルセデスAMG 1:13.902 39
11  S.バンドーン マクラーレン 1:13.946 42
12  J.バトン マクラーレン 1:13.981 37
13  F.マッサ ウィリアムズ 1:14.003 46
14  R.グロージャン ハース 1:14.022 44
15  E.オコン フォース・インディア 1:14.093 47
16  L.ストロール ウィリアムズ 1:14.474 27
17  N.ヒュルケンベルグ ルノー 1:14.870 41
18  J.パーマー ルノー 1:15.616 8
19  M.エリクソン ザウバー 1:15.691 32
20  P.ウェーレイン ザウバー 1:15.695 37


fb_r[1]

★昨夜NHKのSONGSを観ました・・・・・

ビルボードクラシックス・ストリングスを生かしたアレンジ、セット、照明、やはりNHKの音楽番組制作の実力は見ごたえがありました

確かにシンガーとしては個性的で実力を感じさせる凄いアーチストであると納得させられました

番組の中でも色々な質問に答えている内容が興味深かったです。
※歌うたびにメロディが変わる?・・・・その時々の感情の昂まりの中で歌うとそうなる。

でも個人的には安全地帯初期の淡々と歌う中に感情移入が図られたシャウトがある歌い方の方が好きです。それと松井五郎さんの作詞もさすがだと改めて思いました

玉置浩二~King Of Vocalist~・・・・・ソロデビュー30周年、安全地帯でのデビューから35周年を迎えた玉置浩二が出演。アジアでも人気の「行かないで」と番組のために用意した2つのスペシャルメドレーを披露した。

安全地帯のヒット曲は、ストリングスやDJを加えた最新のアレンジで畳みかけ、ソロデビュー後の代表曲はギター1本のシンプルな楽器編成で語るように紡いでいった

VTRゲストは絢香、德永英明、竹原ピストルの後輩シンガーに加え、意外にも玉置のコンサートに足しげく通っているという歌舞伎俳優、坂東玉三郎。いずれもテレビ番組やコンサートで玉置と共に歌った経験もある。

その4人が、それぞれの視点で“玉置浩二の歌の魅力”や“意外な共演エピソード”を語り“玉置の歌力”を紐解いていった。

《セットリスト》

「ワインレッドの心」(1983)
「好きさ」(1986)
「じれったい」(1987)
(Vo)玉置浩二
(Cond)栁澤寿男
(Str)ビルボードクラシックス・ストリングス
(Cello)ロビン・デュプイ
(DJ)DJ1,2
(Perc)ホセ・コロン
(Key)川村ケン
(Horn)権藤知彦

「MR.LONELY」(1997)
「田園」(1996)
「メロディー」(1996)
(Vo&G)玉置浩二
(Cond)栁澤寿男
(Str)ビルボードクラシックス・ストリングス

「行かないで」(1989)
(Vo)玉置浩二
(Cond)栁澤寿男
(Str)ビルボードクラシックス・ストリングス
(Cello)ロビン・デュプイ

~出典:ウィキペディア~


BBOSAKA201704-thumb-600x398-841-thumb-300x199-842[1]

★素敵な歌詞をどうぞ!(No.166)

★歌詞の創り手として大好きな、荒井由実さん、松本隆さん、中島みゆきさん、小田和正さん、竹内まりやさん、財津和夫さん6人の歌詞を紹介します。

そこで今日の【楽曲名:魔法の鏡/ 作詞:荒井由実】のお気に入りのフレーズです!

魔法の鏡を持ってたら あなたのくらし映してみたい

もしもブルーにしていたら 偶然そうに電話をするわ

できることなら もう一度 私のことを思い出して

あれが最初で最後の 本当の恋だから

★松任谷 由実(まつとうや ゆみ、本名:同じ、1954年(昭和29年)1月19日 - )は、日本のシンガーソングライター。旧姓名は荒井 由実(あらい ゆみ)。1972年にシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。以降、ユーミンの愛称で呼ばれる。公式ファンクラブは「Yuming Fan Club」。

他アーティストへの作品提供の際には、本名の他、呉田 軽穂(くれだ かるほ)というペンネームを使用する場合もある[注 1]。夫はアレンジャー・松任谷正隆で、彼女の音楽プロデューサーを務める。

オリコンでは、女性最多となるアルバムミリオン「通算10作」、アルバム首位「通算23作目」、アルバム1位獲得最年長記録(歴代3位、女性1位の62歳10ヶ月)の記録を持つ。

~出典:ウィキペディア~


201612121701111a4s[1]


★Summer in Paradise /The Beach Boys (№416)

★この楽曲を聴きながら、本日の連載小説をお楽しみ下さい。『サマー・イン・パラダイス』 (Summer in Paradise) は、1992年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズのアルバム。その11曲目に入っている楽曲です!

★サマー・イン・パラダイス - Summer in Paradise (Mike Love/Terry Melcher/Craig Fall) 3:52

自身のブラザー・レコードから配給されたが、本作は多くの評論家から酷評され、『オール・ミュージック・ガイド』は「自身の無意味なパロディ」として評した。

本作はブライアン・ウィルソンが全く関与しなかった唯一のスタジオ録音アルバムである。ブライアンはユージン・ランディの元で治療中であり、セッション参加が見込めなかったため、マイク・ラヴとプロデューサーのテリー・メルチャーがイニシアチブを取って製作された。

1993年にはイギリスで「サマー・イン・パラダイス」「アイランド・フィーバー」「渚のボードウォーク」「フォーエヴァー」の4曲をリミックスした上で再発したが、その低評価は変わらなかった。

~出典:ウィキペディア~


『レモンの木の下で』(第23回目)4-5

《突然、修平の前から姿を消してごめんなさい。話している時と違って、こうして文字にしているといつもの私らしく言葉を気軽に繋いでいくことが出来ないみたいです。

修平は私の誕生日に部屋で流したアデルの♪Someone Like Youという曲のことを覚えていますか?あの曲は別れた男性(ひと)の幸せを祈っている女性の失恋ソングらしいです。まさに今の私にピッタリの歌なのです。

私は修平に幾つかの小さな嘘をつきました。修平と最後の夜を過ごしたあの日、実は私の誕生日ではありません。そしてあの夜には、もう私は修平の前から姿を消すことに決めていました。

もう一つの小さな嘘というのは頭のいい修平は気づいていたと思いますが、高校時代に修平の机の中に授業のノートを忍ばせたのは私です。あの時から私の中で、修平は特別の存在でした。でも高校を中退していくような私が、そんな想いを修平に打ち明けることなど出来ませんでした。

レモンの木の下で修平に再会した時、修平は気付かなかったみたいでしたが私には目の前にいるのが修平だとすぐに分かりました。だって私の中から修平の姿は、一度たりとも消えたことがなかった訳だから当たり前ですよね。

そして私は修平との再会に正直情けなくなるくらい、まるで初恋の人に巡り会えた少女のように舞い上がってしまいました。そんな私も、今の修平の前に私はいるべきでないということにやっと気がつきました。

私が再会した時の修平は、恐らく長年関わってきていた研究室での実験に明け暮れていた生活に疑問を抱いていたのだと思います。それがどんな事なのか、私には残念ながらよく分かりませんでした。

でもそんなある意味自分の居場所を見失っていた修平の前に偶然現れただけの私が、必要もないのにいつまでも修平の前に留まることは出来ないと分かりました。これは今まで数多くの人たちに様々な迷惑を掛けてきた私だからこそ、分かることなのです。

修平にお願いがあります。どうぞ私のことは心配しないで下さい。こう見えても私は、高校中退してまで自立しようとしたくらい強い一面を持ち合わせています。辛いことや悲しいことを乗り越えていける知恵だけは、数多く持ち合わせています。

最後に修平、ありがとう!今まで高校時代の窓辺で外を眺めている修平の姿しか私の想い出の中には無かったのに、今の私は修平との楽しい想い出を一杯手にすることができました。

2人で行ったボストンの街そしてノーマンロックウェル美術館、2人で過ごした私のアパートの部屋、そして何より2人が偶然再会したレモンの木のある公園、私は想い出を辿りながら何枚ものレモンの木の下の風景を描くことになるでしょう。

そして最後に、今度もし又偶然修平に会うことがあったなら、その時こそ修平はしっかりと自分の道をまっしぐらに突き進んでいる姿であって下さい。そんな姿を目にすることができたら、もう私は2度と修平の前から消えることなどしません。
いつまでも元気で、そしてお幸せに!》

何度修平は保奈美からの手紙を読み返しただろう。消印は都内の消印だったが、そんなことが分かったところで何にもならないことだった。手紙に込めた保奈美の想いを間違いなく受け止めるためにも、修平は手紙を毎日のように読み返していた。

読む回数が増えれば増えるほど、修平はより冷静に保奈美からの手紙を読むことができるようになっていた。そしてまずは色々消去していくことで、保奈美の手紙に込められた想いを整理することとした。

一番初めに気になったことだったが、修平が知らない間に保奈美のことを傷つけるようなことがあったかを修平は考えた。その点を伺わせるような保奈美の言葉は、手紙の中には何処にも見当たらなかった。修平は想い出の中で見せてくれた保奈美の様々な表情を思い浮かべてみたいが、やはりそんなことは心当たりすらなかった。

次に修平が考えたことは、ひょっとして修平が保奈美に夢中になっていくことで困る事情が、保奈美の方にあったのかもしれないということだった。簡単に言えば保奈美には修平以外に想いを寄せる男性(人)がいたのかもしれなかった。勿論そんな気配など修平は一度も感じたことはなかったし、手紙の中でも保奈美はそんなことなど一言も触れていない。

だがそれは保奈美の修平に示してくれた最後の優しさかもしれなかった。このことは保奈美の手紙を何度読み返してみても、最後まで分からなかった。或いはまさかとは思うが逆に修平に保奈美以外に想いを寄せる女性(人)がいると保奈美が誤解したのだろうか、そんな事を考えさせるような出来事は少なくとも修平には思い浮かばなかった。


377

378

379
プロフィール

間々田 陽紀

Author:間々田 陽紀
■好きな音楽、好きな映画、好きなサッカー、好きな車などをちりばめながら、気ままに小説を書いています。ヨーロッパ旅行した時に撮影した街並みの写真を添えておきますので、楽しんで下さい。

★公開済
【1】《作品№4》夜のグラフィティ(原稿用紙432枚)
【2】《作品№5》もう一度聴いてみようかホテルカリフォルニア(原稿用紙400枚)
【3】《作品№2》府立第14中~青春グラフィティ!(原稿用紙374枚)
【4】《作品№3》そうだドルフィンへ行こう(原稿用紙376枚)
【5】《作品№1》校内放送でビートルズ(原稿用紙307枚)
【6】《作品№7》坊っちゃん、フォーエバー!(原稿用紙350枚)
【7】《作品№8》ブローイング・イン・ザ・ウィンドでも聴いて ごらん(原稿用紙308枚)
【8】《作品№10》ゲバ字の消えた夏(原稿用紙91枚)
【9】《作品№12》アルバート・ドッグに吹く風(原稿用紙90枚)
【10】《作品№13》ワーズワースそして教授と私の旅(原稿用紙90枚)
【11】《作品№15》チェスターの空の下(原稿用紙90枚)
【12】《作品№14》天窓から眺めるロンドンの街(原稿用紙90枚)
【13】《作品№17》私は夢見るシャンソン人形(原稿用紙90枚)
【14】《作品№19》あの日聴いた夢のカリフォルニア(原稿用紙90枚)
【15】《作品№21》神楽坂で聴くサウンドオブサイレンス
 (原稿用紙90枚)
【16】《作品№23》サウンドトラックはユーミンで(原稿用紙90枚)
【17】《作品№22》キャロルキングをお寺で(原稿用紙90枚)
【18】《作品№27》タイムカプセルからビートルズ(原稿用紙90枚)
【19】《作品№28》2人のランナウェイ(原稿用紙90枚)
【20】《作品№29》もうラヴソングは唄えない(原稿用紙90枚)
【21】《作品№31》君にとどけボーントゥーラン(原稿用紙100枚)
【22】《作品№32》母はクラプトンが大好き(原稿用紙100枚)
【23】《作品№33》タイム・アフター・タイムなんて(原稿用紙100枚)
【24】《作品№37》サザンカンフォートを抱えた娘(原稿用紙100枚)
【25】《作品№38》あなたがトミーで私がジーナ(原稿用紙100枚)
【26】《作品№39》ロールプレイング・ラヴをあなたと(原稿用紙100枚)
【27】《作品№42》タイムタイムタイム~冬の散歩道(原稿用紙100枚)
【28】《作品№44》アメリカ《名前のない馬》から始まった(原稿用紙100枚)
【29】《作品№45》ツェッペリンに包まれて(原稿用紙100枚)
【30】《作品№46》ロイ・ブキャナンの流れる家(原稿用紙100枚)
【31】《作品№48》終わらないメロディー(原稿用紙100枚)
【32】《作品№51》今さら、ハートに火をつけて(原稿用紙100枚)
【33】《作品№53》プロコル・ハルムが唄っている(原稿用紙100枚)
【34】《作品№56》ティアーズ・イン・ヘヴンなんて(原稿用紙100枚)
【35】《作品№58》このリフに魅せられて(原稿用紙100枚
【36】《作品№59》さらば黄昏のレンガ路よ(原稿用紙100枚)
【37】《作品№62》ジャニスと踊ろう(原稿用紙100枚)
【38】《作品№64》君に捧げるララバイ(原稿用紙100枚)
【39】《作品№67》恋をするならシェイクスピアで (原稿用紙100枚)
【40】《作品№69》僕と君だけのファーザー・クリスマス(原稿用紙100枚)
【41】《作品№70》恋する気分は、ヴェルレーヌから(原稿用紙100枚)
【42】《作品№72》ショーシャンクの空が・・・(原稿用紙100枚)
【43】《作品№73》ビーハイブ・ヘアの女(ひと)(原稿用紙100枚)
【44】《作品№76》届かない、君へのラブソング(原稿用紙100枚)
【45】《作品№77》マージー・ビートに魅せられて(原稿用紙100枚)
【46】《作品№80》閉ざされたままのギターケース(原稿用紙100枚)
【47】《作品№82》ボースサイドナウが流れる喫茶店で(原稿用紙100枚)
【48】《作品№83》恋のリフレイン(原稿用紙100枚)
【49】《作品№85》フォロー・ミーに誘われて(原稿用紙100枚)
【50】《作品№86》それでも、あなたにラヴソングを(原稿用紙100枚)
【51】《作品№87》想い出のコンサート・チケット(原稿用紙100枚)
【52】《作品№89》ナローボートで素敵な恋を!(原稿用紙100枚)
【53】《作品№91》レモンの木の下で(原稿用紙100枚)

★公開中
【54】《作品№92》2度目のチャイルドフッドフレンド(原稿用紙100枚)

★公開予定
【55】《作品№6》今何故、500マイルも離れて(原稿用紙402枚)
【56】《作品№9》木登り~タイムワープ(原稿用紙307枚)
【57】《作品№11》高校3年生のネアンデルタール人(原稿用紙88枚)
【58】《作品№16》ウクレレの音が流れる夏(原稿用紙90枚)
【59】《作品№18》いつか観たジョンレノン(原稿用紙90枚)
【60】《作品№20》懐かしいね、ガントレ!(原稿用紙90枚)
【61】《作品№24》ルート66への誘い(原稿用紙90枚)
【62】《作品№25》俺たちのジュークボックス(原稿用紙90枚)
【63】《作品№26》キックオフは、これから!(原稿用紙90枚)
【64】《作品№30》遅れてきたラヴレター(原稿用紙90枚)
【65】《作品№34》シャーリーンの唄ですよね(原稿用紙100枚)
【66】《作品№35》気分はハロー・グッドバイ(原稿用紙100枚)
【67】《作品№36》クロスロードとオヤジたち(原稿用紙100枚)
【68】《作品№40》パンタロンじゃなくベルボトムさ!(原稿用紙100枚)
【69】《作品№41》俺は根っからのランブリング・マン(原稿用紙100枚)
【70】《作品№43》俺のロード・ソングは、ウィリン(原稿用紙100枚)
【71】《作品№47》フォークソングが消えた日(原稿用紙100枚)
【72】《作品№49》俺もお前もストレンジャー(原稿用紙100枚)
【73】《作品№50》ジョニ・ミッチェルで聴きたいね(原稿用紙100枚)
【74】《作品№52》アフリカを聴きながら(原稿用紙100枚)
【75】《作品№54》ゼーガーとエバンズが教えてくれた(原稿用紙100枚)
【76】《作品№55》ビタースウィート・サンバを取り戻せ(原稿用紙100枚)
【77】《作品№57》俺たちはフール・オン・ザ・ヒル(原稿用紙100枚)
【78】《作品№60》心にハングリー・ハートを(原稿用紙100枚)
【79】《作品№61》いつもジャーニーが流れていた(原稿用紙100枚)
【80】《作品№63》俺は今でも25or6to4(原稿用紙100枚)
【81】《作品№65》ジャニスが語りかけた夜(原稿用紙100枚)
【82】《作品№66》キリング・ミー・ソフトリーをあなたに(原稿用紙100枚)
【83】《作品№68》ゲーテが教えてくれた愛のシーズン(原稿用紙100枚)
【84】《作品№71》愛を語るならヴェッキオ橋で(原稿用紙100枚)
【85】《作品№74》カセットから流れ出たメロディ(原稿用紙100枚)
【86】《作品№75》オヤジたちのスタンドバイミー(原稿用紙100枚)
【87】《作品№78》父のギターが残してくれたもの(原稿用紙100枚)
【88】《作品№79》夜のパリ、それはラヴレターの香り(原稿用紙100枚)
【89】《作品№81》雨の日には、グラント・グリーンでも(原稿用紙100枚)
【90】《作品№84》ベイビーが流れていた季節(原稿用紙100枚)
【91】《作品№88》スターダストをあなたと(原稿用紙100枚)
【92】《作品№90》ライトハウスで出逢った、あなたへ(原稿用紙100枚)
【93】《作品№93》ミニシアターより愛を込めて(原稿用紙100枚)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
30位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR